×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鹿男あおによし キャスト

「鹿男あをによし」は万城目学さんの人気小説。玉木は奈良公園の鹿の命令を受けて"鹿男"となるダメ教師にふんする。相手役で歴史オタクの教師には女優、綾瀬はるかさん。人気爆笑コメディー 小川孝信..玉木 宏 藤原道子...綾瀬はるか 堀田イト...多部未華子 長岡美栄...柴本 幸 溝口昭夫...篠井英介 前村さおり...キムラ緑子 名取良一...酒井敏也 福原房江...鷲尾真知子 大津 守...田山涼成 福原重久...佐々木蔵之介 小治田史明...児玉 清
原作:『鹿男あをによし』万城目 学(幻冬舎刊)
脚本:相沢友子 音楽:佐橋俊彦 企画:中島寛朗 アソシエイトプロデュース:石原隆 プロデュース:土屋健 演出:鈴木雅之 村上正典

鹿男あおによしあらすじ

鹿男あおによしの主人公は、原作では本名不明。ドラマ版では小川孝信。28歳。ちょっぴり神経質でちょっぴり世間知らずな“おれ”を演じるのは、『のだめカンタービレ』の玉木宏。鹿に“印”をつけられることによって“鹿男”?になる“おれ”を、正統派のイケメン・玉木宏がどう演じるか。大学の研究室で実験をしていたが、助手との折り合いがつかず、「神経衰弱」とのあだ名をつけられている。准教授を目指す助手の研究の邪魔になるため、今回、奈良に行くことを薦められた。鹿から「目の運び番」に任命されてしまい、役目を失敗すると顔を鹿にされてしまう。ただし、この秘密を知るのは自分とある特定の人物のみで、それ以外の人間には、鹿になった姿が見えない。また、鹿がしゃべることや、運び番、使い番の話を伝えることができない。

鹿男あおによし 意味

鹿男あおによしでは鹿が、卑弥呼の命を受けて、神無月の間に目の力を使って、人間の世界を守るためのあることを行っている。見た目は雌鹿だが、実は百回以上魂を他の鹿に移し変えて生きており、命を受けたときは立派な牡であった。屈強な牡鹿を従えている。鼠とは仲が悪い。 鼠 鹿同様、卑弥呼の命を受け、目を運ぶ儀式を行っているが、しばしば悪戯をしてくる。約300年前には「使い番」をなかなか決めなかったために、人間世界が大変なことになったという。 ほかには狐も加わって儀式をおこなうが、狐は動物園の中にいて、自らの「使い番」以外には話し掛けないという。

Copyright © 2007 鹿男あをによし ドラマ